犬を飼うときに大切な予防

薬を渡している

正しい予防が大切である

犬の命を脅かし、今もなお猛威をふるい続けている厄介な病気であるフィラリア。
フィラリアの予防は動物病院でも呼びかけられており、毎年予防シーズンになれば予防薬を処方してもらうために動物病院に行っているという人も多いことでしょう。
動物病院で処方してもらわなくても、最近ではカルドメックなどの予防薬は通販で購入することもできるため、通販を利用して予防薬を購入しているという人もいるかもしれませんね。
犬をペットして飼うときに大切な予防になってくるフィラリアの予防ですが、あなたはペットのフィラリア予防を正しい方法で行えていますか?
実は今の日本ではフィラリア予防に関する誤解や勘違いなどが非常に多く出回っており、多くの飼い主さんがこういった情報に惑わされてしまっているのです。

現在のインターネットでは、カルドメックなどのフィラリア予防薬を使用してフィラリアを予防するのは間違っていることのように書かれています。
あまりにも偏った意見をもっている人の場合だと、カルドメックなどの予防薬は獣医師が金儲けをするための道具などという表現をしていることもあります。
ですが、実際にはそんなことはなく、カルドメックなどの予防薬を使ってフィラリアを予防するのはもっとも確実にフィラリアを予防する方法になります。
インターネットにはこういった誤解が特に多いので、フィラリア予防について正しい知識を持つのがとても大切になってきます。
毎年しっかりと予防できているという飼い主さんも、ちょっと自信がない飼い主さんも、ここで一度フィラリアの予防について見つめ直してみてはいかがでしょうか。

そもそも予防薬とは?

フィラリアを予防する効果がある予防薬ですが、そもそもフィラリア予防薬というのは体内にいるミクロフィラリアを駆除する薬です。
フィラリアは蚊によって運ばれ、蚊が健康な犬を刺したときに犬の体内へ移動し、皮下組織から筋肉へ、筋肉から血液へ、血液から心臓へというように成長しながらどんどん移行していきます。
血液の流れに乗って心臓を目指し、最終的に心臓に到達する前に駆除するのがカルドメックをはじめとしたフィラリア予防薬の効果になります。

こういった特徴があることを理由に、カルドメックなどのフィラリア予防薬はペットにとって毒であるという意見もありますが、そんなことはありません。
現在のフィラリア予防薬は安心してペットのフィラリア予防ができるように安全性が高く作られているものがほとんどで、その中でもカルドメックは特に安全性が高くなっています。
カルドメックは子犬や妊娠中の犬、授乳中の犬に対しても安心して使用できるので、安全にペットのフィラリアを予防したい場合はぜひカルドメックを使用しましょう。
わざわざ動物病院まで行かなくても、カルドメックなら個人輸入代行の通販を利用することでお得に手に入れることもできます。
少しでもカルドメックを購入するときの代金を節約したいという飼い主さんは、ぜひ個人輸入代行の通販を利用してカルドメックを購入しましょう。

室内でもしっかり予防

犬をペットとして飼っている飼い主さんの中には、室内であればフィラリアの予防は必要ないと考えている人たちもいます。
最近では優秀なペット用の蚊取り線香なども登場していますし、室内なら外のように蚊もいないので別にフィラリアの予防をしなくてもよさそうに見えますよね。
ですが、犬の場合、たとえ室内飼育が中心であってもお散歩などは必要になってきます。
たとえ室内に蚊はいなくても、お散歩のときに外に出れば蚊の脅威にさらされることになりますし、そもそも蚊を完全に室内に入れないようにするのは不可能です。
蚊はさまざまなルートで室内に入ってくるため、室内であることを理由にカルドメックを使わずにいると、ペットが知らない間にフィラリアに感染してしまいます。
こういった事態を防ぐためにも、室内飼育の場合でもしっかりとカルドメックを投与して、フィラリアを予防していきましょう。

蚊が多い日本ではもともとフィラリアに感染してしまう可能性が高く、予防をせずに3年経過した場合は非常に高い確率でフィラリアに感染してしまいます。
感染率と発症率は違うという意見もありますが、一度フィラリアに感染してしまうと、いつ症状があらわれてもおかしくない状態になってしまいます。
大切な家族であるペットをフィラリアで亡くしてしまわないためにも、動物病院や通販を利用してカルドメックを処方してもらい、確実にフィラリアを予防しましょう!

  • 人気記事

    一回の服用例 「その予防は正しい方法?通販で購入できるカルドメックで予防しよう」の人気記事です。