アトピカの正しい使い方

\90秒で注文完了/アトピカの購入はこちら
ペットのイメージ   アトピカはアトピー性皮膚炎、難治性アトピー性皮膚炎、乾癬、胃炎症候群など幅広い疾患に有効なお薬です。

投与した7~8割の犬への有効が確認されており、投与中止後の再発率も低いため、通販でも人気があります

ですが、アトピカの効果を最大限に得るためには、用法用量を守って正しく使用しなければなりません。特に通販でアトピカを購入する場合には、自分で用法用量をしっかりと調べる必要があります。

 

用法用量を守るということは薬の有効性を高めるだけでなく、副作用のリスク低下にも繋がりますので、しっかりとこちらのページを参考にしてください。

 

アトピカを正しく使おう(用法用量)

ペットのイメージ1日1回、体重1kgに対しシクロスポリン5mgを経口投与します。

ただし、満腹状態での投与は薬の効果が低下しますので、食事前後2時間は避けて空腹の状態で投与してください。

(アトピー性皮膚炎治療に使用した場合、食事と一緒でも効果に差がないことが報告されています)

 

4~8週間連続投与し、投与開始から4週間目以降に症状が改善した場合には、投与回数を2日に1回もしくは1週間に2回にまで減らせます。

ただし、最大投与期間は8週間のため、8週間を超えて投与しないでください。

約7割の症例で治療はうまくいきますが、1ヶ月で十分な効果が得られない場合には、アトピカだけではなく他の治療薬を併用するか他の治療方法に変更します。

【アトピカ投与量の目安】

体重2~3kg未満:10mgを1カプセル

体重3~4kg未満:10mgを2カプセル

体重4~8kg未満:25mgを1カプセル

体重8~15kg未満:50mgを1カプセル

体重15~29kg未満:100mgを1カプセル

体重29~35kg未満:50mgを1カプセルと100mgを1カプセル

体重36~55kg未満:100mgを2カプセル

※通販サイトではアトピカ10mg、25mg、50mg、100mgの4種類販売されています。

アトピカはカプセルの中身が液体のため、分割投与することができません。そのため、愛犬の体重に応じたアトピカを購入してください。

 

アトピカの主な副作用

ペットと飼い主のイメージどのような医薬品にも必ず主作用と副作用があります。

主作用は病気や症状を軽減する本来の作用のことですが、薬の働きとは異なる症状が現れることがあります。これを副作用と呼びますが、副作用が強く出る場合には健康状態が悪くなってしまいます。

 

犬アトピー性皮膚炎治療薬のアトピカは免疫機能の過剰な働きを抑制する効果がありますが、その一方で副作用のリスクもあります。

ステロイド剤と比べると副作用は起こりにくいですが、それでも症状が出る可能性はゼロではありませんので覚えておきましょう。

アトピカの主な副作用

投与初期に現れやすいのは、嘔吐、軟便、下痢、食欲不振などの消化器官に現れる症状です。これらは一過性なので時間の経過とともに消失します。

また、長期使用によって現れやすい副作用は、被毛状態の変化、歯肉の肥厚、耳介、皮膚のイボ状病変などが挙げられますが、これらの症状は休薬や減量によって改善していきます。

 

アトピカの副作用を抑えるために

通販を利用する飼い主アトピカは比較的副作用が少ないと言われていますが、それでも副作用が起こる恐れがあります。

また、投与時に工夫することで副作用を起こりにくくすることができるので、副作用が心配な場合には以下を参考にしてください。

用法用量を守る

人間用の薬も犬用の薬も安全に試すためには用法用量を守る必要があります。

アトピカはすぐに効果が現れない薬ですが、効果が感じられないからといって投与量を増やさないようにしましょう。

投与量を減らす

効果が強くなると副作用も強く出やすくなります。そのため、アトピカの投与量を減らすことで症状が軽減されるケースがあります。ただし、減量する場合には自己判断ではなく、獣医師に相談してから減量しましょう。

食事と一緒に投与する

基本の用法用量は空腹状態(食事前後2時間以上空ける)での投与ですが、アトピー性皮膚炎治療の場合には食事との投与でも効果は変わりません。

服用初期に発症しやすい消化器官の症状は、空腹状態で現れやすいので食事と一緒に投与することで抑えられます。

吐き気止めを併用する

副作用で嘔吐してしまう場合には、吐き気を軽減させる制吐剤との併用が有効です。

 

アトピカの通販で注意が必要なケース

アトピカの画像アトピカはアトピー性皮膚炎に有効な治療薬ですが、どんな犬にでも使用できるわけではありません。

なかには投与できない犬もいますので、通販で購入する前に確認しておきましょう。

投与できないケース

・犬以外の動物

・生後6ヶ月未満または体重2kg未満の犬

・妊娠中や授乳中の犬

・季節性のアトピー性皮膚炎

・糖尿病や糖尿病の可能性がある

・悪性腫瘍の既往歴や疑いがある

・食物アレルギー

・有効成分に対してアレルギー反応を起こしたことがある

要なケース

・ノミアレルギー性皮膚炎を併発している(完治するまで投与NG)

・皮膚や全身に感染症がある(完治するまで投与NG)

 

アトピカの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました